×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  角濱ごま豆腐

角濱ごま豆腐

KADOHAMA GOMATOFU
高野山に受け継がれ 精進料理の叡智が込められた 「ごまとうふ」をお気軽に。

高野山に受け継がれ
精進料理の叡智が込められた
「ごまとうふ」をお気軽に。

世界遺産の地「高野山」にて
ごまとうふ創り一筋に努め修行僧とともに歩んできた老舗「角濱」。
「人に良い」と書いて「食」。
口に入るものは美味しいだけでなく、より自然でより健康的であることを追い求めて創りあげた当家のごまとうふを、ゆっくりとした空間で気軽にお召し上がりいただければ幸いです。

心地良い太陽の光が降り注ぐゆったりとした空間で心も体も満たされる。

心地良い太陽の光が降り注ぐ
ゆったりとした空間で
心も体も満たされる。

高野山の入口に位置する全山の総門「大門。」
高野山参拝の始まりは俗界と聖域との結界である大門から始まります。
この大門から徒歩で数分。渋滞や混雑、人ごみに紛れることなく静かな空間で ゆったりとした時間を過ごし、お腹と心を満たしてから山内中心部を 時間に追われることなく満喫する新しい高野山の楽しみ方。

温かい季節になるとテラス席もご用意し、高野の清々しい風を感じながら ごまとうふ料理やカフェメニューをお楽しみください。

食事メニュー

角濱ごま豆腐懐石

角濱ごま豆腐懐石

当家自慢の生ごまとうふを、お造りや天婦羅、木の芽味噌や抹茶を加えるなどした、創作ごまとうふが詰まった一品。
季節により合せや調味料を変えて、常に新しいごまとうふの食べ方を提供し1年を通じてお楽しみいただけます。
豆雫鍋(冬季限定)

豆雫鍋(冬季限定)

当店で創る朝しぼり豆乳を使ったごまとうふ鍋。
口の中に広がる豆乳の優しい香りとほろほろにとろけ始めたごまとうふの食感。
気温の下がる高野山で芯から〝ほっこり”出来る一品です。
御摂待うどん

御摂待うどん

出汁がしっかりと効いたお饂飩にごまとうふの天婦羅と粟麩、よもぎ麩の天婦羅を添えて。
ちょっと小腹がすいたとき、お昼は手軽に済ませたい、そんな方にお勧めの一品です。

カフェメニュー

金のごまとうふ~黒蜜ときな粉をかけて~

金のごまとうふ~黒蜜ときな粉をかけて~

生ごまとうふをデザート感覚でお召し上がりいただける一品。
黒蜜ときな粉の香りがごまとうふの風味とよく合い、初めて食べる味わいです。
宇治抹茶ごまとうふ~小倉と生クリームを添えて~

宇治抹茶ごまとうふ~小倉と生クリームを添えて~

高野山内でもあまり食べる機会の少ない抹茶入りごまとうふをデザートとして。
抹茶の風味と小倉あんがごまとうふと良く絡み新感覚のごまとうふです。

お知らせ

角濱ごまとうふ総本舗

KADOHAMA GOMATOFU
角濱ごまとうふ総本舗 飲食部門
0736-26-8700
和歌山県伊都郡高野町高野山230
9:30~17:00(御食事は11:00から)
不定休
アクセス 高野山駅から車で5分
南海林間バス「愛宕前」下車1分
近隣に大きな駐車場2ケ所あり